結婚式のゲストの服装女性の足元

結婚式に招待され、嬉しい気持ちの反面どんな服装をすればいいのか悩む方はたくさんいらっしゃいます。
白いドレスや極端に露出の多いドレス、毛皮やファーの羽織りなど、ドレス選びで気をつけること。
忌事をイメージするカラーのパールや派手すぎるもの、逆にカジュアル過ぎるものなど、アクセサリー選びで気をつけることももちろんありますが、ドレスやアクセサリーに気を取られ、ついつい後回しになりがちな足元。
足元にも気をつけておきたいことがたくさんあります。
様々なアイテムが溢れている昨今ですが、他の招待客や親戚などに失礼のないよう、きちんとした服装で出席したいですね。
また、バッグなどの小物も合わせて最後に全体のバランスをチェックし、足元だけ浮いているなんてことのないようにしたいものです。

靴の選び方は式の格調に合わせて

靴はフォーマルなドレスに合う、女性らしいヒールの細いパンプスが正装とされています。
ヒールは3cm以上あると脚が綺麗に見え、エレガントな雰囲気になります。
ヒールのないペタンコな靴や太いヒールはカジュアル過ぎるので避けましょう。
また、同じくカジュアルに見えるつま先の開いたサンダルや踵のないミュールも避けたいアイテムです。
お店にも様々なフォーマルシューズが売っていますが、心配な時は店員さんに聞くなどして選びましょう。
ただし、最近ではカジュアルな式も増えてきています。
友人だけの披露宴や、新郎新婦の意向でカジュアルな雰囲気の式となる場合は、出席者の服装も多少カジュアルな要素がOKとされているようですので、確認してみるといいですね。
とはいえ、ブーツなどのカジュアル過ぎるアイテムは避けておきましょう。
履きなれないヒールが心配という方は、インソールに工夫をしたり式場に着いてから履き替えるなどの対策をすると良いですね。

ストッキングはヌーディーなものを

ストッキングは基本的にベージュを選びましょう。
黒もいいのではと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、黒は忌事のイメージが強いため避けましょう。
目立ちすぎないラメやワンポイントが入っているものは、ドレスなどに合わせて選ぶ事もできます。
網タイツやカラータイツも結婚式の場にはそぐわない為、避けておきたいです。
女性は特に、脚を出す事に抵抗がある方もいらっしゃると思います。でも、無難にと思って黒のドレスに黒のパンプス、黒のストッキング…なんて組み合わせは、お祝いの場にはそぐわないですね。
結婚式はあくまでも新郎新婦をお祝いする場です。
オシャレしたい気持ちは大切ですが、目立ち過ぎる非常識な格好や地味過ぎる組み合わせは避け、お祝いの気持ちを伝えたいですね。

結婚式やデートなど、様々なシチュエーションに合わせたコーディネートもご紹介。 カジュアルからフォーマルまで、様々なスタイルを取り揃えています。 プレゼントにもピッタリ!ギフトラッピングも324円(税込)で承っています。 RUIRUE BOUTIQUEなら、足元までトータルコーディネートが叶います。 大活躍間違いなしのパーティーバッグやアクセサリーもおすすめです。 結婚式での服装に迷う女性の方へ