新しい勤怠管理システム

社員・職員の勤務時間をタイムカードで管理しているのはもう古いんです。なぜなら、新しい管理システムがあるからです。たとえば勤怠管理を静脈で認証しているところがあります。また、ICや社員証によるウェブ管理も行われています。電子化した情報を扱うのです。こういうものならインターネット上の電子情報として管理できますから、リアルタイムに把握することができます。今までは頼んでカードを押してもらっているのではないかという疑惑があったかもしれませんが、今後は厳しく管理できそうです。本社から地方の支店の某社員の動向を把握できるのですから、便利です。また、就業規則や労働に関する法律(法令)に違反しないようなシステムもあります。これなら裁判沙汰になって企業イメージを不当に悪くすることは少なくなるのではないでしょうか。

勤怠管理で従業員の様子を確認する

以前、新規立ち上げのプロジェクトに参加した事があり、その仕事は200人ほどのアルバイトを雇って行っていました。しかし、なかなかハードな仕事内容であったため、挫折する人も少なくはありませんでした。そのため、次から次へと欠勤したり退職する人が増えて行きました。数名退職する度に新たに採用しなければならないため、他の仕事に手をつける事よりも採用の仕事に追われる日々を送っていました。このままではいけないと、まずは勤怠管理から手をつける事になりました。欠勤が増えた結果そのまま退職してしまうというケースが多かったため、仕事の内容が大変なのであればサポートを強化するなど問題をはっきりさせるためにもヒアリングを実施しました。また、欠勤の連絡があった際にもしっかりと様子を確認し、社員同士で共有する様にしました。その結果、ほとんどの人が仕事内容が思っていたよりも大変で精神的に負担がかかっているとの事でした。中にはただ行きたくなかったという人もいて大変でしたが、勤怠管理はとても大切だと実感しました。

勤怠管理はしっかり行うべき

勤怠管理について知らない方のために、少し説明したいと思います。これは、どの会社でも行っているのですが、出勤退勤、欠勤の管理をすることです。一日どれだけ働いたのかも管理する必要があります。この管理方法はどうやっているのかが疑問だと思いますが、タイムカードというのを使って効率的に行っています。従業員が多いほどこれを取り入れています。社員が出勤退勤した時間を事細かに、機器にカードを挿入することでインプットしてくれます。そうすれば、自分でやることができて、月末には、事務の方が整理してくれるという形になります。管理を行うことにより、誰が何時間働いたのかもわかり、給与を計算する上でも重要なものとなってきます。時給換算の場合は、これがとても便利なのです。あとは、監督署の方に毎月、労働時間を集計したものを提出しなければならないので、勤怠管理は重要になっているんです。

Blog Home