女性ゲストの結婚式服装のマナー

結婚式というフォーマルな場所でのお呼ばれマナーを知らないと、自分だけでなく、招待してくれた新郎新婦にも恥をかかせてしまう場合もあります。例えば、白は花嫁さんがウエディングドレスドレスで使う色なので、ゲストは白いドレスや光の加減で白く見えるドレスを避けるべきだということは、よく知られたマナーです。他にも、ファー素材や動物の皮製品は、殺生をイメージさせるので避けた方が無難です。ミニ丈や肩出しのドレスなど、露出の高い服装はマナー違反とされています。また、招待された女性は、祝福の気持ちを華やかな装いで表現するのも務めとされています。全身黒っぽい服装やリクルートスーツなども避け、暗い色合いのドレスの場合、アクセサリーやボレロで色を添えるようにしましょう。

髪型とネイルのお呼ばれマナー

髪も服装にあわせて、お祝いの場にふさわしい華やかなアレンジにしましょう。ただしルーズすぎる髪型は禁物です。挙式から参列する場合は、フォーマルで上品さが出せるアップスタイルがおすすめです。二次会からの参加であれば、ダウンスタイルでも良いでしょう。編み込みなどを加えたアレンジも華やかでおすすめです。
ゲストで参加する場合、ネイルでより華やかさを演出するのもいいでしょう。ただし、派手やデザインや濃い色、ラインストーンを多用したものなど、華やか過ぎないように気を配りましょう。黒や紺一色もお祝いの場所にふさわしいとは言えません。淡いオレンジやピンク、ベージュなどドレスに合わせやすいカラーのシンプルなデザインに、ワンポイントでラメやパールを取り入れたものにとどめましょう。

バッグと靴のお呼ばれマナー

また、ドレスに合わせる靴は、露出の少ないパンプスがおすすめです。ぺたんこ靴はカジュアルな印象を与えてしまうので、ヒールのついたものを選びましょう。ドレスコードに合わないブーツや肌が出るオープントゥやミュールなどは、フォーマルな場所にふさわしくありません。
カメラや財布、携帯、化粧道具にご祝儀など、女性は荷物が増えがちですが、結婚式会場に持ち込むのは、パーティーバッグとサブバッグにとどめ、他の荷物はクロークに預けるのがマナーです。サブバッグにブランド名の入ったショップ袋を代用することはマナー違反です。布やシルク素材などのサブバッグを用意しましょう。パーティーバッグは、ドレス同様ファー素材や動物柄など殺生をイメージさせる素材のものは避けるようにしましょう。