女性の結婚式の服装はマナーも大切

結婚式に招待された時には、いつもと違ったおしゃれな服装で行くことを楽しみにしている女性もいるでしょう。しかし、マナーを最優先とした洋服選びが重要であることを理解して選ぶ必要があります。
仲間だけのパーティーや二次会であればどんな格好で行っても構わないのですが、挙式や披露宴に行くとなれば両家の親戚の人や新郎新婦の上司、お世話になった人など目上の人がたくさん来ることになります。その場所で、友人として参加するにしてもマナー違反のスタイルであれば、招待してもらった新郎新婦の信頼性を下げることにもなってしまい、結果として迷惑をかけることになってしまいます。
おしゃれの中にもマナーがあるということを認識して、洋服にプラスして小物選びも進める必要が出てきます。

縁起の良いスタイルに仕上げる

結婚式という縁起の良い場所では、葬式を思わせてしまうような縁起の悪いスタイルは避けなければなりません。
黒はスリムアップ効果のある色でもあることから好んで着る女性も多くいますが、全身黒となれば縁起が悪いことにもなってしまいます。しかし、黒のワンピースは着てはいけないということではありません。黒のワンピースであっても、ビーズやラインストーン、スパンコールやビーズなどの華やかな飾りがついたものであったり、サテンやレースなど華やかな素材であれば問題がありません。さらに、バッグや靴、アクセサリーは黒を避けて華やかさをプラスしてみれば、持っている黒のワンピースも活用することができます。
他にも、動物を殺して作ったことになる皮革や毛皮も避ける必要があります。

肌が露出しすぎないスタイルで

挙式から参列するとなれば、厳粛な場に入ることにもなるので服装には気を付けるという女性も多いのですが、披露宴からの参加であっても気を抜くことはできません。肌の露出を控えた上品なスタイルに仕上げる必要があり、ワンピースやツーピースの場合にはスカートの長さやスリットの深さは気を付けます。
また、上半身でも胸元が大きく開いていたり背中が開いたもの、肩が出てしまうノースリーブのデザインは避ける必要がありますが、上に何か羽織ることでも今持っているものを活かすことができます。秋冬であればボレロが活躍をしますが、オーガンジーやレースなどのストールでも透けていても肌を隠すことに役立ちます。
また、洋服とともに靴にも注意が必要であり、つま先やかかとが露出した靴も避けるようにします。