女性が結婚式に着ていく服装について

結婚式に呼ばれた際、どのような服装がいいのかということに悩む女性も多いでしょう。一番多いとされているのがワンピースですが、選ぶ際には基本的なポイントを押さえておく必要があります。まず挙げられるポイントは、「フォーマルなデザインと華やかな色のものを選ぶのが基本」だということです。色については、ピンクやベージュ、またはブルーなどの淡い色のものがよいと言えますし、素材については、シフォンやオーガンジーといった柔らかい感じのものがよいでしょう。次に挙げられるポイントは、「寒い時期であれば羽織ものを着用してもOK」だということです。ただし綿やニットなどの素材は避けたほうがよいですし、色のバランスも考慮する必要があるでしょう。他にも、スカートの長さは、「友人の結婚式の場合であれば膝上5cmまで、そして親族の場合なら膝丈ぐらいがよい」とされています。

年齢でも選び方は変わってくる

年齢に合わせた服装のポイントについては、まず20代~30代前半女性の場合は、フリルがあしらわれているデザインであったり、ピンクといった暖かめの色のワンピースなどがよいと言えるでしょう。比較的年齢が若い場合は、華やかさのあるものを選ぶのがポイントになると言えます。そして黒系のものやドレッシー過ぎるものを着るとマナーを知らないと思われてしまうため避けるようにしましょう。次に30代後半以降の場合は、質感の上品な素材や、ベージュやブルーといった落ち着いた雰囲気の色のものを選ぶというのがポイントになります。比較的上の年齢の場合は、若い人に似あうようなフリルや大き目のリボンなどは相応しくないため、避けるようにしましょう。また、スカートの長さに関しても、膝が隠れる程度の長さが適当だと言えます。

着ない方がよいものとは

結婚式で着ない方がよい服装としては、まず「白系の衣装」が挙げられます。白い衣装は花嫁だけが着てよいものということがマナーとされているため、ゲストは白系を避けるのが常識だと言えます。次に挙げられるのは、「露出が多い衣装」です。肩の露出度が高いものはマナー違反とされているため、注意する必要がありますし、袖がない衣装の場合は、ボレロなどを羽織るようにしましょう。さらにスカートに関しては、スリットの入ったものやミニスカート(膝上5cm以上)は、露出が多すぎると思われてしまうため、マナー違反になってしまいます。また、アクセサリーに関しては、キラキラとするものをゲストが付けるのは、あまり好ましくないとされています。ですので、ネックレスについては、パールなどが無難だと言えるでしょう。