マナーを守った女性の結婚式の服装

結婚式にお呼ばれした時には、普段のスタイルとは違っておめかしをして行きたいと思う女性も多いでしょう。しかし、おしゃれの中にもマナーを守ることが最優先となってきます。
結婚式には、両家の親戚や新郎新婦がお世話になった人もたくさん来ていることになるので、自分が新婦の友人として招待された時にマナー違反ともなるような服装でいれば、新婦の親戚の人だけでなく新郎にもマナーの悪いお友達がいると思われてしまうことになり、結果としてせっかくのおめでたい場所で雰囲気を悪くしてしまうこともあるものです。そうならないように、一緒に行く人や両親にも相談して洋服選びをする必要があります。洋服の他にも靴やバッグ、アクセサリーも含めて正しいスタイルで参列するようにします。

肌の露出を控えたスタイルで

披露宴だけの参加であってもマナーを守った服装にする必要がありますが、とくに挙式から招待された場合にはそれ以上にどんな洋服を着ていくのかは重要になってきます。
一般的には、女性の場合はワンピースドレスを着用して参列することになりますが、夏の暑い時期であっても肌が露出しすぎるものは避けなければなりません。胸元や背中が大きく開いていたり、スカート丈が短かいもの、スカートが長くても深いスリットが入っているようなものは避けるべきです。
挙式の場合には、肩を出すことも好ましくないとされています。ノースリーブのワンピースドレスであれば、上からボレロを羽織ったり、夏であればストールを肩から掛けるだけでも肌の露出をカバーして違和感のないスタイルにすることができます。

縁起の悪い物は身に着けない

結婚式では、葬儀を思わせるような縁起の悪いようなスタイルは避けなければなりません。黒いワンピースドレスの場合には、レースやビーズ、スパンコールなど華やかな装飾が使われていたり、サテンなどの光沢のある素材であれば構いません。しかし、靴やバッグ、ストールまで黒にしてしまうことはタブーとなります。小物使いでも華やかさを出すことができるので、ちょっとした工夫をすれば持っている黒のワンピースドレスでも活用することができます。
また、動物を殺して作った毛皮や皮革製品は、冬であっても縁起が悪いので避けるようにします。とくに、毛皮は華やかさがあるために選ばれがちですが、合成繊維で作られたフェイクレザーであれば問題がありません。けれども、本物に近いような見栄えがすれば本物と間違われてしまわれるので、避けた方が無難です。